Next Stage

今後開催する大会情報をご確認ください。

第1回日本ロゲイニング選手権

top_bot08信州デスティネーションキャンペーン記念
第1回日本ロゲイニング選手権大会を開催いたします。
日時:2017年7月15日12:00 – 16日12:00(24時間)
場所:長野県松本市
・原則電子パンチによる通過確認
・全チームGPSトラッキング
・ハッシュハウス準備

大会プロデューサ木村より

エントリーの開始に先立ち、大会プロデューサ木村より本大会の開催意義と参加資格についてお伝えします。

”開催の意義”

1)第1回日本ロゲイニング選手権開催の意義

・ロゲイニング競技の歴史ザッピング

ロゲイニング(Rogaining)は、長距離クロスカントリーのナビゲーションスポーツです。1976年にオーストラリア・メルボルンで行なわれたのが始まりです。世界選手権は1992年から開催され、今では毎年開催されています。主に行われている地域は、オーストラリア、カナダ、東ヨーロッパですが、近年は日本や香港でも多く開催されるようになってきました。

・日本におけるロゲイニング

日本では2002年に菅平高原で行なわれたのが最初です。最初は年に1-2回程度の開催でしたが、2007年くらいから開催数を徐々に増やしてきています。2016年には年間100イベント程度が開催されるようになりました。
日本で行われているロゲイニングは競技時間が3-6時間程度で、世界基準から見ればかなり短い競技時間となっています。また競技域も市街地中心に開催したり、観光要素を取り入れたりと日本独自の発展をしています。

・今回の選手権の意義

日本のロゲイニングは地域観光という要素がクローズアップされていますが、核となる要素はスポーツです。日本でロゲイニング競技が発展してきている今、スポーツとしての立ち位置を確認し、「本当に強いのは誰か?」を確認する場を提供します。これを最初に開催する場として最もふさわしいと思うのが、日本の岳都・長野県松本市です。ここ5年、年間数個のロゲイニングイベントを松本市周辺で開催してきており、行政や関係者とも良好な関係を築いています。
ここでまず第1回の日本選手権を行ないます。第2回、第3回の開催地などは決まっていませんが、私たちの動きを見た方々によってより次の日本選手権が、より改善された形で開催されることでしょう。

・今後のロゲの展望

今は観光主体で推進されている日本のロゲイニング競技ですが、軸となるスポーツの要素が揺らぐと変質してしまいそうです。スポーツとして重要なのは公平、公正であることです。ロゲイニングで競技の公平さを担っているのは地図とコースです。観光主導ロゲイニングはこれからも続くでしょうが、スポーツとしての軸をしっかり持ち続けることが今後の発展に必要です。そのスポーツとしての軸の中心に日本選手権がなれればいいと思っています。

”参加資格”

2)本大会にエントリーをお考えの方へ

・参加資格の解説
考え方の基本は以下の通りです
(1)セルフレスキューできること

  • 自分の装備と補給に責任が持てる。
  • 自分の体調と相談して、競技が続行できないときは競技を中断し、安全な場所まで自力で移動することができる。

(2)ロゲイニング競技の流れを知っていること

参加資格
(1) 20歳以上の健康な男女
(2) 参加者全員がロゲイニング競技への参加経験があること
(3) 上記(1)、(2)を満たしたうえで、下記abcdeのいずれかを満たすこと
a:チームの中に10時間以上のロゲイニング競技に参加したことがある者を含む。
b:チームの中で夜間行動を伴うロゲイニング競技に参加したことがある者を含む。
c:チームの中にOMMに参加したことがある者を含む。
d:チームの中にアドベンチャーレースに参加したことがある者を含む。
e:過去に100km以上のトレイルランニング大会に参加し、完走したことがあるものを含む。

”必要な装備”

必要な装備の解説

携帯電話(参加者が準備)
非常用に必ず持っていってください。充分に充電しておいてください。
競技中に主催者から連絡を入れさせていただく場合があります。
ただし携帯電話(スマートホン)を競技に利用することは禁止します。

SIチップ(主催者が準備)
チーム全員にSIチップを受付で渡します。このSIチップを手首に巻き付けて競技を行います。
巻き付けたSIチップを剥がすと、二度と巻き付けることができない構造になっています。
SIチップはフィニッシュ後に回収します。
コントロール(目的地)に設置されたフラッグの横にSIステーションが設置されます。
このステーションにSIチップを差し込むことで、電子的に通過確認が記録されます。
衣類の選択はSIチップを手首に巻き付ける前提で選定してください。

デジタルカメラ(参加者が準備)
コントロールによってはSIステーションの設置が難しいところがあります。
そんな場所ではコントロールの写真を撮影してきていただいて、通過確認とさせていただくところがあります。

GPS端末(主催者が準備)
チームに1個主催者から貸し出します。必ず携帯してください。
ザックの上側などGPS電波の届きそうな場所にしまっておいてください。

地図(主催者が準備)
ポリ袋(主催者が準備)
コンパス(参加者が準備)
ヘッドライト(参加者が準備)

”競技の流れ”

競技の流れ

08:30 受付開始・荷物預かり
10:40 受付終了・地図配付
11:00 競技説明
12:00 スタート
12:00 競技終了(24時間後)
12:30 表彰式
15:00 交流会(会費別途)

受付時にSIチップを手首に巻いていただきます。
競技説明は11:00から行います。開始時刻は公共交通機関で来場する人に配慮しています。
競技説明はプログラムからの変更説明、質疑応答が主な内容となります。
競技説明以前に競技用地図を配布します。
会場の体育館がハッシュハウスとなります。
ハッシュハウスはスタート以降24時間いつでも利用できます。
ハッシュハウスでは、屋内で休むことができます。軽食の補給、飲料の補給が準備されています。
持ってきた荷物の入替えも可能です。
競技途中に市街地で食料などを購入することも可能です。
スタートしたら常にチーム全員と一緒に行動してください。
コントロールに到達したら、チーム全員の手首に巻かれたSIチップすべてをSIステーションに差し込んでください。この動作はチームリーダーとの時差1分以内に行ってください。記録された時差がチームリーダーと1分開いた場合は、このコントロールの通過を無効とします。
すべての計時はチームリーダーの持つSIチップで行います。

”準備”

大会までに準備すること

地図に慣れる
国土地理院発行1:25,000地図を基本とします。この地図を使ったナビゲーションに慣れてください。

大会要項

大会に関する詳細は以下をご確認ください。

大会概要

名称 信州デスティネーションキャンペーン記念

第1回日本ロゲイニング選手権大会

開催日 2017年7月15日(土)~16日(日)
申込期間 2017年1月25日(水)~2017年6月20日(火)

*申込期間内でも定員に達し次第締め切ります。

開催エリア 長野県松本市・安曇野市
受付・開閉会式

ハッシュハウス

松本青年の家

〒390-0851 長野県松本市島内8880

電話 0263-32-7743(ナビ設定用・問合せ不可)

WEBサイト http://matsumoto-rogaining.jp/
主催 一般社団法人日本ロゲイニング協会
共催(予定) さわやか信州松本フェスティバル組織委員会
後援(予定) 松本市、安曇野市、安曇野市観光協会、一般社団法人松本観光コンベンション協会、公益社団法人日本オリエンテーリング協会
主管 長野県オリエンテーリング協会
競技 ロゲイニング:制限24時間

*チーム限定(ソロ不可)

*移動手段:歩行または走行

*コントロール:50カ所程度

*通過証明:SIカードによる電子記録。

(コントロール位置全箇所にSIステーションとフラッグを設置)

*GPSトラッキングシステム採用(主催者が用意)

*世界ロゲイニング選手権大会競技規則準拠(一部ローカルルールあり)

プロデューサー 木村 佳司(長野県オリエンテーリング協会)
クラス (1)男女混合チーム(2~4名)

(2)女子チーム(2~4名)

(3)男子チーム(2~4名)

参加資格 (1) 20歳以上の健康な男女

(2) 参加者全員がロゲイニング競技への参加経験があること

(3) 上記(1)、(2)を満たしたうえで、下記abcdeのいずれかを満たすこと

a:チームの中に10時間以上のロゲイニング競技に参加したことがある者を含む。

b:チームの中で夜間行動を伴うロゲイニング競技に参加したことがある者を含む。

c:チームの中にOMMに参加したことがある者を含む。

d:チームの中にアドベンチャーレースに参加したことがある者を含む。

E:チームの中に100㎞以上のトレイルランニング大会に参加し、完走したことがあるものを含む。

募集人員 100チーム
参加料 1名:24,000円

参加費には、地図、コントロール位置説明図、保険料、青年の家利用料含む

スケジュール 7月15日

(土)

08:30 受付開始・荷物預かり

10:40 受付終了・地図配付

11:00 競技説明

12:00 スタート

7月16日

(日)

12:00 競技終了

12:30 表彰式

15:00 交流会(会費別途)

会場案内 ・男女更衣室をご用意します。

・競技中に休息できる部屋と補給食をご用意します。

・競技中は会場に荷物を置いてゆくことはできますが、貴重品は携帯してください。

・盗難・紛失などの責任は負いかねます。

交通案内 ・公共交通機関:JR篠ノ井線「松本駅」から 6km

・自家用車:長野自動車道「松本インター」から5km

送迎バス ・松本駅から会場まで送迎バスを運行します。

・バス利用の方は、参加申込みと合わせてお申し込みください。

往路1便 7/15 08:30 松本駅アルプス口発 → 08:50 会場着

往路2便 7/15 10:00 松本駅アルプス口発 → 10:20 会場着

復路1便 7/16 13:00 会場発 → 13:20 松本駅アルプス口着

復路2便 7/16 17:00 会場発 → 17:20 松本駅アルプス口着

駐車場 ・会場付近に無料駐車場をご用意します。

・駐車場利用ご希望の方は、参加申込みと合わせてお申し込みください。

・駐車場台数は各チームに1台とさせていただきます。

・参加案内に駐車場案内と駐車券を同封しお送りします。

免責事項 ・参加者は良好な健康状態でご参加ください。

・万一事故等が発生した場合、主催者が加入している傷害保険の範囲内及び現場での応急処置以外の責任は負いませんのでご了承ください。

・悪天候、自然災害の発生等により大会を中止する場合があります。その際参加費の払い戻しはできません。

・大会中の映像や写真をラジオ、テレビ、新聞等のメディア及び主催者ホームページ等へ使用する権利は主催者に属します。

・大会会場及び駐車場における事故や盗難等について、主催者は一切の責任を負いません。

参加通知書について 参加通知書は、大会事務局より大会開催10日前までに発送予定です。
事務局 長野県オリエンテーリング協会 木村佳司

〒399-0039 長野県松本市小屋北2-22-19

電話番号 090-3333-0893
問合せメール kimura@orienteering.com

スケジュール

7月15日

(土)

08:30 送迎バス1便 松本駅発

08:30 受付開始・荷物預かり

08:50 送迎バス1便 会場着

10:00 送迎バス2便 松本駅発

10:20 送迎バス2便 会場着

10:40 受付終了・地図配付

11:00 競技説明

12:00 競技スタート

7月16日

(日)

12:00 競技終了

12:30 表彰式

13:00 送迎バス1便 会場発

13:20 送迎バス1便 松本駅着

15:00 交流会(会費別途)

17:00 送迎バス2便 会場発

17:20 送迎バス2便 松本駅着

【カテゴリー】

チーム 人数
男女混合チーム 2名~4名
女子チーム 2名~4名
男子チーム 2名~4名

【チームエントリーの際の注意事項】

※参加料は一般1人24,000円です。(参加資格は20歳以上)

※必ずチーム代表(参加メンバーより選出のこと)がお申し込みください。

※「参加申込」ボタンよりログイン後(IDをお持ちでない方はメンバー登録後)、種目選択画面にて参加人数の種目をご選択下さい。

※チームメンバー2人目以降の情報は、「参加申込」ボタンより画面を進め、申込フォーム内でご入力ください。

【エントリーサイト】

大会へのエントリー受付は1月25日から開始いたします。

エントリーは以下をクリックしてください。
https://www.sportsentry.ne.jp/event/t/67837